member メンバー紹介

member

青木梓 入社年:2017年

経歴 :
大学卒業後、大学病院呼吸器科病棟に6年間勤務。
その後、IT企業の産業保健師として勤務。
2017年に訪問看護ステーションリンクに入社。

INTERVIEW インタビュー

訪問看護ステーションリンクで働くことを決めた理由を教えてください。

訪問看護の知識というと、大学時代に座学・実習で習った程度で実習もそこまで強く印象に残っていた訳でもなく、正直な所、自分が訪問看護の分野に携わるとは全く想像していませんでした(笑)。元々予防医学の分野の興味があったため、病院勤務で基礎を養い、看護師としての自信をつけてから産業保健に転職しました。しかし、就職先の企業では自分が思い描いていた健康維持の支援とのギャップが生じ、自分がやりたい看護が表現できていないなと思い悩んでいました。また、病院時代に関わっていたターミナルケアも「また携わりたいなぁ」と思うようにもなっていました。その時、病院時代の先輩である現所長が、タイミング良く訪問看護ステーションを立ち上げるというお話をされ、訪問看護であれば自分が表現したい看護ができるのではないかと思うようになりました。また、結婚・出産・育児・専門分野の資格取得、病気等、環境の変化が生じた時、無理のない働き方(時短勤務や、パートタイム)ができるという話もお聞きし、長く働き続けられそうという点も決め手になりました。世間の流れでは病院から在宅医療の需要も高まると予測され、訪問看護の分野が今後活躍していく事も魅力的だなと感じ、訪問看護の分野に飛び込もうと決断しました。

あなたのビジョンは何ですか?

どうしたら利用者さん・ご家族がより良く、辛くなく、安心して自宅で過ごせるか?」という想いを大切にして訪問しています。予防医療の分野に興味があるので、体調や病気の悪化防止に対する教育に特に熱が入ります。
事業所内での自分の役割としては、風通しの良い雰囲気作りが出来るように心がけるようにしています。出来るだけ皆が話しやすい雰囲気を作れるように、遅くまで訪問していたスタッフに「お疲れ様でした!」と声をかけて、ちょっとした声掛けを行うように意識しています。逆にスタッフから「お疲れ様でした!」「ありがとうございました!」と投げかけられると凄く嬉しいですし、疲れが癒されます。

訪問看護ステーションリンクで働いて思ったこと・感じたことを教えて下さい。

「訪問看護」というと、私のイメージは「一人で訪問するので、情報収集からアセスメント、プランニング、評価まで全て自分でその場で行わなければならなく、責任重大」といった感じで敷居が滅茶苦茶高く訪問看護に飛び込んだみたはいいものの果たして自分ができるのか最初は正直不安でした。でも、リンクでは、電話やチャットや電子カルテ等のICTを上手く活用し、判断に迷った時には現場ですぐに相談ができるため必ずしも一人で看護をするわけではなくチームで看護を行えているのが強みだと思います。一人一人の看護に対する熱も高いため、何か疑問点があって「これってどうなのだろうな?」ってポロっと呟くと、皆で前のめりになって意見を出したり調べたりしていて、とても刺激があり勉強になります。リンクに来てから看護師の知識・技術がぐんと成長できている様な気がします。リンクのメンバーは全員面白くて話しやすい雰囲気の人たちで、突然「血液型ってなんですかぁ~?」っていう話で盛り上がったり、会話の中で漫才が始まったりとで、いつも和みます。私は、ある時期に頻回な通院が必要な状況で、フルタイムでの勤務が難しくなったため管理者と相談し、一時期、短時間正社員の制度を活用させていただきました。(体調はもうすっかり回復しているのでご心配なく!)訪問看護は、スケジュールの調整が比較的組み立てやすいこと、大体のことは訪問中に業務が完結されるため(多職種との連携等があると訪問時以外にも業務は発生しますが)他のメンバーに多くの事を委譲したり、残業に追われたりして通院が出来ない等の支障は生じませんでした。治療により体調が辛い時期もあったのですが、時短勤務により早く帰宅して身体を休める時間が作れたため、無理なく仕事・治療が両立できたと思います。時短勤務中は、メンバー全員が「訪問代わりますので、体調悪かったら遠慮なく言ってください!」「体調は大丈夫ですか?」と私の体調を気にかけてくれたり、実際体調不良の時に「少し休んでから次の訪問向かいます」と報告したところ、「私、〇〇さんの訪問代わります!」とメンバーから業務調整をしてくれる場面もあり、皆本当に優しくて思いやりのある人だなーって嬉しく思いました。こんな素敵な環境の中で働き続けられてとてもありがたく感じます。

この仕事をしていて楽しかったことややりがいを教えて下さい。

私は呼吸器外科・内科病棟に所属していたので、呼吸器に関する事には自信がありましたが、正直ストーマ管理等の他分野の看護技術や、カフティポンプ等の在宅特有の医療管理には自信がありませんでした。訪問看護では、様々な分野の知識・技術が必要となってくるため、毎日が勉強でとても刺激的です。中々思うようにいかず悩む時もありますが、メンバーで意見を出し合ってプランニングして、その成果が出た時にはとてもやりがいを感じます。これまで知らなかった事を沢山経験できるので、看護師としてのスキル向上も期待できると思います。今まで入退院を繰り返していた方が、看護を提供することで入退院の頻度が低下しているご様子をみたり、在宅療養に不安があった利用者さんから「看護師さんが来てくれて本当に助かる、安心できる」と仰っていただけたり、在宅でお看取りされたご家族から「看護師さんが来てくれていたから自宅で最期まで看ることができた。在宅看取りできて本当に良かった。」と仰っていただけた時は、訪問看護をしていて良かったなぁと思います。

これからやりたいこと、挑戦したいことを教えて下さい。

訪問看護師として利用者様と関わってきた中で感じたのは、排便に関することで悩まれている方が多いということです。病気と付き合う中で、内服や点滴等の治療をされている方が多く、薬の副作用で便秘や下痢になってしまいます。ご高齢の方ですと、腸蠕動機能や筋力の低下から便秘で悩まれている方を多くお見受けします。便秘が続くと不快症状も強まりますし、食欲が低下する方もいらっしゃるので、なんとかしてあげたいなという想いになります。緩下剤の調整や相談だけでなく、食生活や運動等の日常生活の中での改善の工夫に関してもう少し知識と技術が向上できればいいなと思っています。私の体調面から学んだ事・活かしていきたい点はマッサージに関することです。体調不良時にマッサージを受けると身体が軽くなったり、副交感神経が優位になるお陰で気持ちの面でも穏やかになり深く眠れるようになったりと、実際にマッサージの効果を全身で感じています。当事業所ではがん末期の苦痛症状に悩まされていたり、死への恐怖を抱きながら日々過ごされたりするご利用者さんの方が多くいらっしゃいます。他にも、腰痛や肩こり、頭痛、便秘等の症状にお困りの方も多くいらっしゃるので、そういう方達の症状緩和を少しでも取り除けるようなケアはないかな…と考えた時に、マッサージが良いのではないかと思いました。なので、今後マッサージに関する知識や技術を身につけるための研修や勉強会に参加しご利用者さんへケアを提供や、セルフケアの教育ができれば良いなと考えています。

求職者の方へのメッセージ

訪問看護に少しでも興味がある方、新しい事にチャレンジしてみたい方、看護をしたいけどフルタイムでは難しいなぁ…という方、などなど。
看護が好きであればリンクで素敵な看護を表現することができます。メンバー一人ひとりの強みを活かして働くことができ、成長もできます。
あなたも一緒にリンクで働いてみませんか? 

ONE DAY 1日の仕事の流れ

8:45 朝のミーティング

スタッフ全員の体調確認や、今日訪問予定の利用者様の最近の様子や、今日のケアについて簡潔にアピールします。

9:30 午前中の訪問

平均2-3件の訪問をします。合間の時間をみて、午前中の訪問レポートを記入します。褥瘡の具合等、変化を視覚的に捉えたいときには、利用者様の了承を得て写真を撮り、どういう変化があるか観察するようにしています。

12:00 休憩

コロナ感染予防対策で、私は自宅で休憩を取っています(2020年12月現在)。スタッフの皆と話せず一人で食事を取るのは寂しさがありますが、愛犬が癒してくれます。チャットで休憩の入り・戻りを報告します。

13:00 カンファレンス(週1回)

利用者様の状態変化や、環境の変化が生じた場合には情報共有をしています。共有した時にメンバーから分からない事に関して質問があるため、万が一確認が漏れていた場合には早めに対処でき、緊急時に慌てずに対応が出来たり、他のメンバーが当直で対応する場合に利用者様の状況を理解しているのでスムーズに対応ができています。また、 訪問している中で、どのような看護を提供すると利用者様がよりよく過ごすことができるか、関わり方で悩んでいる時にはメンバーに相談して意見をもらっています。他のメンバーからの視点があることで、自分では気づかなかった点に気づくことができ、より良い看護に繋がっていると思います。

14:00 午後の訪問

平均4-5件訪問します。訪問中に判断に迷った時は、褥瘡や創傷であればその場で写真を共有して自分の考えを伝え、他のメンバーの意見を聞いたり、所長に電話をして状況を報告してどういう対応が良いかを擦り合わせをしています。

16:30 帰社

訪問レポートに入力をしたり、FAXの内容を確認したります。訪問時に体調の変化があった時や、何か調整が必要な時には、必要に応じて多職種やご家族にお電話をしたりFAXで報告をしたり連携を取っています。事務所にいるメンバーと「今日寒かったねーーー。」等の他愛もない話をすることもあり、その日の疲れを癒してもらっていたりもします(長話は厳禁ですが。笑)

17:45 退社

仕事終わりには、スーパーやコンビニに寄って、たまにご褒美のスイーツを買っています。帰宅すると、愛犬が尻尾をぶんぶん振って待ち構えてくれるので、一日の疲れが吹っ飛びます。

RECRUITMENT
/ENTRY
募集要項 / お問い合わせ